H.新築/杉の家、規格型戸建住宅

リーザの家は「地震に強い・家族思いの健康住宅」です。新築スタイルを2つ用意しました。大変頑丈で長持ち、香る、心地よい空間を提供する「杉壁の家」。
カタログから選べる規格型戸建て住宅です。もちろん、フルオーダーもおまかせ。

リーザスタイルの新築は、「ヨーロピアンモダン」と「和」を基調としています。
毎日接する室内の環境、空気、水まで配慮した、品質の高いプランをプロデュースします。
住まいに求められる快適さの追求だけではなく、特殊工法による優れた耐震性能、制振性能と、火災にも強い「安心できる家」をご提供します。
広く、温かいリビング・ダイニング空間の創出、子供の成長に良い影響を与えるキッズルーム。高齢者に優しい、介護にも配慮、将来を見越した、バス・トイレ、導線などのバリアフリー化にも配慮しています。

リーザが提案するフロー

心地よい快適で丈夫な住まいをご提案するため、リーザならではの特徴あるご提案をご用意しています。
お客様の夢・イメージをカタチにします。

W様邱「杉の家」

杉の無垢材を柱・壁、天井に使用した香る、温かく涼しい空間を提供する「杉の家」のフリープランです。
寺院の建築に伝統的に用いられてきた木造工法を現在の技術で再現しました。
特殊金具を用いて柱と梁を強固に結合し、柱と柱の間に分厚い杉壁の壁面を落として柱と壁を一体化する「さくりはめ」を用いたTERRA工法を採用しました。特殊金具とTERRA工法により、美しいだけでなく、地震による建築物の変形を最小限に抑制します。

建築風景

特殊金具による柱と梁の結合、さくりはめの「TERRA」工法です。

外装・室内工事

特徴

木造モノコック構造

構造用集成材と特殊金具による軸組みにパネルで支えるボックス構造をプラス。阪神淡路大震災レベルの強い地震や伊勢湾台風クラス(60m/秒)の風にも耐えることができます。

『ハイブリッド集成材』と『専用ロケット金物』を『断熱材一体型パネル』でボックス状に包み込み複合・合体させた頑強な構造を『木造モノコック構造』といいます。
耐震実験によると阪神淡路大震災の揺れの力が800ガルとされているがその2倍の1600ガルの激震にも耐える耐震性があります。

広い空間

長さ6mにもおよぶ柱、分厚い梁と特殊金具による強固な構造により、木造3Fも可能です。また、天井も高く、6m~10mの空間を実現します。
住まいだけではなく、集会所、保育園などにも向いています。また、大規模リフォームも可能な空間ができます。

地震に非常に強い

阪神淡路大震災の2倍の激震にも耐えられる特殊金具工法と、TERRA(テラ)工法の住宅です。住み始めてからでも間仕切りを自由に変更できる構造なので、ご家族の人数やライフスタイルに合わせて変更が可能です。

生命に優しい住まい

静岡大学農学部による「木材の居住性評価動物実験(マウス実験)の結果」から、素材別空間においても、生存率はコンクリート製や金属製と比較し、木製の箱がずば抜けて良いことが証明されています。

国産材100%の「ちきゅう住宅」

リーザの新築住宅は、超長期優良住宅先導モデル事業推進で採択された「ちきゅう住宅国産材モデル」です。当社はロケット工法(TERRA(テラ)構造)の特約店になっております。

リーザ建築の流れ

ご相談、ご契約が終わり、いよいよ建築を行います。そこで、リーザ建築の流れをご紹介いたします。

地質調査と地質改良

建築の前に、まず地質調査を行い、杭打ちなどの地質改良のご提案を行います。

基礎施工

鉄筋が入った基礎施工を行います。

鉄筋を縦横1本ずつ格子状に組んでいくシングル配筋に対し、縦横2本ずつ組んでいくダブル配筋を採用しています。骨組みが倍になるため高い強度と耐久性を実現できます。

構造計算と上棟

構造計算
建物を設計するときに安全性を計算します。設計段階の欠陥を防ぐことも出来ます。
耐力計算
地震が起こったときに建物がどの程度耐えることが出来るかを計算するものです。
上棟
計算が終わり、設計通りに上棟します。

設備工事

屋根外壁、断熱材、内装や照明工事を行います。

外構工事

玄関前のアプローチ、駐車場、スロープなどの工事を行います。

杉の新築施工費

パッケージプラン

特殊金具&TERRA工法の元気になる家。パッケージプランをご用意いたしました。
様々な施工例を御覧ください。

規格戸建て住宅

カタログから理想の住まいをチョイス。「規格戸建て住宅」もご用意いたしました。
平屋、2F、3Fプランからお選び頂けます。もちろん、安心して住まいいただけるよう、耐震&制振ダンパーは全戸標準装備いたしました。

© 2021 くらしのリーザ